読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

痴呆症だとか老人特融のボケ

そんなものではないと確信して

いっそう、落ち込んだ知的レベルが低い

そして、少し変わった行動をする

集中して物事に取りくめない

ここに帰ってくる前にかなり調べて

自分なりの覚悟もできていた

 

その覚悟を持って臨もう

そう決心した私に待っていたのは

そんなノートの上の決心なんて

甘いものでしかなかったことを教えてくれた

 

冬の寒い朝

五時半

その朝の寒さの中に出ていく母を一度止めた

 

「お母さん、歩くのはもう少しおひさまが上がってきてからにしたら?

私も一緒に歩くから、まだ暗いし危ないわよ」

 

「何、言ってるの?

寒さに負けるようなお母さんだと思ってるの?

それに、万歩計を首からぶら下げて

何人もお婆さんやお爺さん同志でしゃべりながら歩くのなんて

まっぴらごめんよ!

私についてくるなんてやめて!

ご近所にボケたって思われるでしょう」

 

この言葉を聞けば十分にしっかり者の老人だと思うし

私は嬉しかった