読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

なんだか泣けてくる

今まで自分の生まれが

犯罪者がいないギリギリの貧乏な生まれだと

納得していた

だからこそ、必死で生きて来たつもりだった

子供たちにも

誰にも後ろ指を指されないように

そんな生き方ができる基礎を

作って来たつもりだった


生まれた町に年老いた母が

痴呆症では無いか?

最初はそんな不安から始まった懸念だったが

よくよく考えてみると

それは、いま始まったことではなかった

思い起こせば、私が小さな時から

10分とじっとしていることの

できない人だったし

父が何度も同指示をして

その時には理解したような返事をしているが

いつだって、次の日は同じ間違いをして

父の指示は忘れていた


その当時子供だった私は

それは夫婦喧嘩だとしか思っていなかったが


今、母を見つめ直してみると

間違いなく知能指数の低い

発達障害