読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

もちろん、夫婦で子育ても終えて

それからの楽しみのために

家を新しくしたりリフォームしたり

自分たちの趣味に投資するなんて使い方を

否定するつもりはない

ただ、母の場合は本人が趣味などなく

センスの低さに泣きそうになるのだが

近所、親戚への見栄だけのためすぎて

開いた口が塞がらない

 

16歳で家を出るまでの私は

母がどんな人間で

どのくらいの知能で

どんな風に生きているか

考えてこともなかったし

興味もなかった

 

こうして、布団の中で

80の母が朝、歩くために外に出て行く音を

心配しながら聞いた