読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

父が亡くなった時

母は60くらい

保険金でも、降りたのだろう

大きな家に住みたかったのは理解できるが

将来に子供達が帰って来て住むわけでもなく

まったく、本人が欲しがる以外には

必要性のないものを


「建てたかったから!

だって、大金が入って来たんだもの」


そんな理由だけで建ててしまう母に

まず一番に違和感を持った

もちろん、田舎の人間たちの

見栄っぱりは知っている

近所の人間がテレビを新しくすれば

うちもと最新式のテレビを買う

見るのはNHK民法一局くらいでもだ

車だって家だってそんなものかもしれない


しかし、母には全く必要のないもので

そのテレビも二台あった

母は昔からテレビの前で

1時間と集中できなかった人で

この家にテレビはいらないものだった