読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「ん?16の頃から親と

話とかしてなかったの?」


「吉川さんのところの両親と

同じように考えちゃダメだよ

うちの親なんか子供に

適切なアドバイスができるような

しろものじゃないからね」


学生時代なら絶対に話せなかった

自分のコンプレック

今だから躊躇なく言えるようになったのだ


子どもが、とりあえず、

犯罪を犯さずに生きて言ってくれれば

それだけで十分

そんな環境だったのよ

そのレベルだったから

なんとか、高校さえ出せば立派な子育てが

できたって満足するような親」


私だって、それのどこが悪いかと言われれば

反論はない

そこからは自分の問題だ

だから、今まで、親のことは

興味も関心もなく

健康で楽しき生きていてさえくれれば

その程度にしか考えていなかった