読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

それならばどんなにいいか

年をとってボケたり物忘れがひどくなったり

何かに固執して頑固になったり

それはよく知っている

父は五十代の時に病気で亡くなっていたし

夫の父親も早くに亡くなっている


「それがね、ついこのあいだまで

私、主人の母の介護をしていたのよ」


「あら、大変だったわね

そう言えば、うちの母も80にはなるんだけど

まぁ、父がいるし二人して旅行に行ったり

まだ、まだ、元気みたいだけど」


吉川さんの家の両親はよく知っている

穏やかで優秀な父親

優しいけれどしっかりした母親

その知性や教養は年齢を重ねるごとに

深くなっているのだろう


「主人の方の母親は

吉川さんのお宅のお母様に似てるかもね

優しくって知性的で

あ、そう言えばお宅のお母様って

N女子大のご出身じゃなかった?

うちの主人の方の母もそうなのよ」


「まぁ、そうなの?

お幾つかしら?同窓かもしれないわね」