読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

日常生活が快適とは言えなかったが

普通の日常生活は送れていたから

小学校に上がる頃には

母親には全く興味がなくなっていた


「小学校に上がったら

自分のやりたいことに夢中で

母親がどうだとか考えてもみなかったわ

片付けろ!とか手伝え!とか

怒鳴っていたのは覚えているけれど

私に取ってはどうでもいいことで

怒鳴っているようにしか思えなくって

まったく無視して本ばかり読んでいたわ

それからは、高校を出るまで

全く母親の存在なんてどうでもよかった

ついこの間まで、そうだったんだけど

もう、一人ではおいては置けない

年齢になって、ハッっと気がついたの

もしかして、

この人は普通じゃ無いんじゃ無いかって」


「それは、年齢のせいじゃないの?

そろそろ80くらいになるんでしょう?」