読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

今まで、父が30年前に亡くなってから

田舎で一人で何事もなく

暮らして来たのだ

まさか、発達障害などでは無い

そう、心の奥底で考えたい

これは、たんなる個性だ

そう思っていたのに

吉川さんのその話を聞くと

不安にもなる

その顔色の重い私を見つめると


「ん?何?孫にそんな兆候でもあったの?

あ、でも、孫とかまだでしょう?

友人の話じゃ無いよね」


そう、突っ込まれて

仕方なく


「うん、母がそうなんじゃ無いかと

思うんだけど、なんかよくわかんないでしょう」


「え?今頃?あなたいくつ?

私と同い年だよね」


吉川さんはこんな風なものの言い方をするが

いい人なのだ


「うん、今頃、気がついたの」