読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

電話のことだけで、

少し不安になりすぎたのかもしれない

もしかしたら長いこと住んでいた場所の違い

それが自分に母に対する違和感を

もたらしているのかもしれない

そんな楽観的な気持ちもしてきた


「でもね、社会的には貧乏で最低な親に

生まれた子供もちゃんと

生活のできる大人になる場合が多いのよ

そういう人たちは人間の欲望の部分

お金は死ぬより大事だとか

人を出し抜いてでも自分の利益を優先しろ

みたいなことを

あ、もちろん、そんな言葉は

彼らは知りもしないわよ

とにかく、早く席を取れとか

早い者勝ちとか

お金を10円でも落としたら

死ぬほどの折檻をするとか

そんなことで小さなうちに叩き込むのよ

まったく理解できないことでも

マニュアルとして恫喝や暴力で

叩き込まれればそれを一生の

規範として生きていくからね」


そう、聞いて母の実家を思い出すと

不安にもなる