読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

なかなか難しいのはよくわかる

個性をいう時に

大前提に『ふつう』がどこまでできるか

そして、その上下で許される範囲で

個性が語られてしまう


それは自分のいる環境で

決められかねない場合もある

極端なことを言えば

戦争や人殺しが当然な国の人間が

平和な日本でそれを叫べば

それは異常者である

発達障害では無い


しかし、日本で生まれ日本で生活してきたのに

自分の意見を押し通すために

殺人の方法を使えば

異常者であるし

このような社会で教育を受けて

そこが人間としてわかっていないのならば

発達障害かもしれない


吉川のその話を聞きながら

確かに母の生きている場所の

自分との民度の違いはわかる

東京と田舎ではまったく違う