読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

私が東京で築いた生活の中では

発達障害は子供の頃のその子供の家の

財力でなんとかなっていたし

周りも穏やかに見つめて

その才能を伸ばし、幸せに暮らしていたし

なんの問題もないようだった

だいたいが専門職などに付いて

普通の人よりも世間的には

かなり上の生涯を送っている


私の実家は民度の低い

貧乏な家だ

母親が発達障害であることに

誰も気がつくような環境ではない

田舎では、


「少しあれなひと」


そんな立ち位置だ

そんな人が見たい

そう、思って友人に教育格差を専門に

研究している人間がいることを思いつき

連絡を取ってみる