読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い山々

もちろん、普通の生活や

国語に関してもできなくは無いが

公立の小学校に行く普通の子供でも

すぐにできるようなことが

なんども繰り返さないと理解できない

そして、すぐに忘れる


それでいて、本人が気に入ったことに対する

集中力はこの年代の子供には珍しいほどで

算数に関してはかなりなものだった


その頃、彼女を慰めながらも

心の奥底では自分の子供達と比較して

ホッとしていた

三人とも優秀なだけではなく

まともだとも思って

満足していたのだ